お小遣いを使って仮想通貨で稼いだ記録・はじめ方(初心者向け)

FXも投資もしたことがない人間が、仮想通貨・ビットコインを買い始めた記録。最近周囲の人にもどうやってやるの?と聞かれ始めたので。

Status(以外にも使えるけど) ICOの参加方法 & MyEtherWalletの作り方

f:id:kittysalon:20170620045724p:plain

 追記2:こんなことってあるんだね。(笑)

カウントダウンの最中にカウントダウンしている先のサイトがメンテナンス(?)に入って、

カウンターが一度0に。 焦ったあ。

今またカウンター復活したけれど、予定ではグリニッジ標準時3:32pm GMT頃からスタートらしい。

 

結局買っていません。というか買えていません。数回トライはしましたが、

イーサが戻ってくるし、MyEtherWalletの人も何もしてほしくないのか、

まだコントリビューションは「今」も続いているけれど、「もう終了しています。」

という嘘を表示させていて、かなり混乱中。これはご縁がなかったものとして、やめようかと。

やめといてよかった~となるのかな。次に他のICOに参加する時は、

別のウォレットからにしようかな。そんな訳で、この後Parityを作ってみた。(笑)

cryptcurrency.hatenablog.com

 

 

もうすぐStatusのICOがはじまる。 

アメリカに住んでいる人は規制のためか、ICOに参加できないんだよね。

SNTが取引所で公開されてから購入するのかな。

 

ICO参加への送金は自分の取引所以外のWallet からという注意を昨日書き、

その後送金の仕方を書こうとして寝落ち。

じゃあ、どうやってイーサリアムのウォレットをつくるの?ということで、

MyEtherWalletの作り方。

(Ledgerなどのイーサウォレットを持っていない、新規につくる方むけ。)

 それからStatusのICOへの参加のしかた

基本的に私がMyEtherWalletを使うので、他のやり方はしりません・・・。

 

StatusのICOのサイト:https://contribute.status.im/

ここにも全く同じやり方が英語で書かれているので、英語わかる方はそちらで。

動画とpdfでしっかり公開されている。

実際にICOに参加する時も、送金先のアドレスも上のサイト上で、

ICOスタートの12時間前ぐらいから公開される。

 

まず、MyEtherWalletの作り方。

 

ステップ1: 

 

https://www.myetherwallet.com/ で、新規ウォレットを作成する。

9文字以上のパスワードを決めて入力し「お財布の作成」を押す。

パスワードはメモして、安全な場所に保管しておく。

言語で日本語を選べるので、わかりやすいと思う。

 

f:id:kittysalon:20170620053214p:plain

 

 ステップ 2: 

 

最初に、Keystoreファイルを保管するフォルダを決めて、ダウンロードする

このダウンロードしたKeystoreファイル自分が設定したパスワードがないと、

2度と自分のウォレットにアクセスできなくなるので、

バックアップのコピーファイルをつくり、安全な別の場所に保管しておく

誰にも見せてはいけません紛失したらリカバリーできません。

ちなみに、私はUTC/JSONが何なのかは、わかっていません。(笑) それでもできます。

 上記を理解し、ダウンロードしてから、

下の「I understand.Continue」をクリック

f:id:kittysalon:20170620053615p:plain

 

ステップ3: 

 

ウォレットがつくられ、その情報を紙で印刷しておく。

(PDFファイルにしてもよい。)

2つ目のバックアップとして、パスワードを忘れたときのためなどに、

安全な場所に保管する。

印刷したら「NEXT」を押す。

 

f:id:kittysalon:20170620055724p:plain

 

ステップ4: 

 

自分のウォレットのアドレスをみるには、

1. ステップ2でダウンロードして保管したKeystoreファイルで操作するを選び

2. 「お財布ファイルを選択」をクリックし、保管したkeystoreファイルを選ぶ。

3. ステップ1できめたパスワードを入力し、

4. アンロックをクリック

 

f:id:kittysalon:20170620062219p:plain

 

ステップ5: 

 

アンロックされると、同じ画面の下に自分のウォレットアドレスが見られる。

この「自分のアドレス」を使って、例えば自分のコインチェックの口座から、

イーサリアムを送れるし、第三者にこのアドレスを渡して、送金してもらえる。

画面右側にウォレット内の残高・ICOに参加して得たトークンが反映される。

 

ICOに開始時間前に、取引所の口座からイーサリアムを移すことができる。

 

f:id:kittysalon:20170620063557p:plain

 

ここまでが MyEtherWallet の作り方。

 

下記よりICOへの送金の仕方。

ここではとりあえずStatusのICOへの参加の仕方がStatusサイトにあったので、

その通りに。

 

ステップ6: 

 

https://contribute.status.im/ にアクセスする。

6/20のグリニッジ標準時 午後2時からICOが始まる予定だけれど、

その12時間ぐらい前から、イーサリアムの送金先のアドレスが公開になる。

Status ICO開始のブロックナンバーも発表される。(ステップ9で説明)

その時間になると「Contribute」というページができるので、

規約(Terms)を読み、承認する(Agree)。

そして公開された送金先のアドレスをコピーする。

 

 追記:今サイトをみたら、スタートブロックのカウントダウンが始まっていた。

Prepare to Contribute をクリックすると、次にページで規約・条件が読める。

最後にチェックボックスが3つ。すべてを承認するならチェックを入れ、

自分の名前のイニシャルを入れて、次のページに進むとそこに宛先のアドレスが。

 

ステップ7:

 

MyEtherWalletに戻り、Ether/トークンの送出を選び、ステップ4でやったように、

Keystoreを使ってお財布をアンロックする。

 

f:id:kittysalon:20170620071112p:plain

 

ステップ8

 

実際にイーサリアム(ETH)を送るには、

1.  https://contribute.status.im/ で公開されたアドレスを「宛先アドレス」に入力。

2. ETHの額を入力 Statusの場合、0.01イーサリアムから参加可能。

3. ガスリミットを200000と入力する。大事!

(スマートコントラクトでは普通の取引より、より多くのガスが必要。)

 

送る前に一度ストップして、ICOが公式に始まったか確認するために、ステップ9へ。

 

f:id:kittysalon:20170620071517p:plain

 

ステップ9:

 

ウォレットとは別のタブで、https://contribute.status.im/ を開けて、

開始のスタートブロックがいくつかを確認する。

StatusのICOは正確には「何時」ではなくて、

発表された「スタートブロック」がマイニングされたら、公式に開始となる。

なので、その決められたスタートブロックがマイニングされたかを、

https://etherscan.io/ で確認し、

必ずスタートブロックがマイニングされた「後に」

ステップ8に戻り MyEtherWalletの画面で 4 トランザクションを生成をクリック。

その次の画面でトランザクションをコンファームする。

f:id:kittysalon:20170620072935p:plain

 

ステップ10:

 

トランザクションが行われると、ポップアップウィンドウがでて、

Etherscanの画面で、そのトランザクションをみることができる。

赤字でなにもエラーが表示されなければ成功。

 

SNTトークンはこのICOの期間が完全に終了してから、

約7日ぐらいたたないと、ウォレットに送られません。

 

最後にもう一回ホワイトペーパーや、いろいろ調べて、

本当に参加するか決めようと思う。