お小遣いを使って仮想通貨で稼いだ記録・はじめ方(初心者向け)

FXも投資もしたことがない人間が、仮想通貨・ビットコインを買い始めた記録。最近周囲の人にもどうやってやるの?と聞かれ始めたので。

1. 仮想通貨ービットコインを入れるお財布(ウォレット)をつくった。

正直いまだに、ブロックチェーンとはなにか・・・とか、

ビットコインをはじめ、数多くある仮想通貨が、

それぞれどのように違う特徴があるのか、とか、わかったとは言えない。

わかったのは、思っていたよりも簡単で、そしてあっという間に持っている

仮想通貨の価値が上がっていく勢いを持っている世界だということ。

 

ビットコインはよく「大御所」とチャットで呼ばれ(笑)、

それ以外の仮想通貨はアルトコインといわれることが、わかった。

とかいう、そんな投資には関係ない知識(?)も楽しみながら増やしている。

 

そんな調子でも、少しずつ覚えながらやっていこうと思ってはじめて、3か月。

まず始めてよかった。仮想通貨元年といわれる今年に取り組みはじめて

本当によかったと思う。

最近、家族とか親しい友人に「どうやったの」と聞かれるので、記録しようと。

 

 私は投資と言えるほど、大きい金額を動かせないので、ほんとうにお小遣いで

できる範囲で始めたけれど、それでもちゃんと少しずつ増えていっている。

家の家計を預かる主婦だと、主婦じゃなくても使えるお金に余裕がないと、

「稼ぐ」とか「増やす」とかっていう頭より、

「貯蓄する」とか「節約する」っていう思考回路になることが多いけれど、

使ってしまわないで、お金を仮想通貨に替えて、増やそうという意識を持てたこと。

これが、仮想通貨の取引をはじめて、一番自分の中の大きい変化。

 

投資って、大きいお金がないとダメなんでしょ?と思っていたし、

FXもしたことないし、知識すらないし、ギャンブルじゃないの?、とか

ビットコインの価格を見て、こんなの手がでない!思っていたけど、

そんなことなかった。

小さい元手なら、小さいなりだけれど、それでも確実に増えていっている。

それもほとんど「持っているだけ」で!

そりゃあ、いつも結果をみて大きい資金が欲しいと思っているけど。(笑)

 

まず最初に、仮想通貨を入れる「ウォレット」=お財布を作った。

安全に、盗まれない、お金の保管場所としてお財布大事。

まず、仮想通貨の大御所さま「ビットコイン」を入れられるウォレットをつくった。

3か月で他の通貨を保有して、他のウォレットも持つようになったけれど、

まずはやっぱりビットコインからだった。

 

最初に作ったウォレットは、インターネット上で仮想通貨を管理する、

BLOCKCHAIN info のウォレット作成:Bitcoin Wallet - Blockchain

 

 1. ウォレットを作成 という水色のボタンをクリックし、下の画面に入る。

f:id:kittysalon:20170520052904p:plain

 

上から順にメールアドレスとパスワードを決めて入れ、利用規約に同意して、

続行を押すと、ウォレットがつくられる。

メールアドレスは、Gmailなどで、PCとスマホで両方見れるようなアドレスが

使い勝手がいいと思う。

また、パスワードは他で使ったパスワードは使わず、忘れないようにする。

 

2. 登録したメールアドレスに「私の財布へようこそ」というタイトルの、

下記のような メールアドレス認証メールが届いた。

 

f:id:kittysalon:20170520055138p:plain

このメールの Verify Email をクリックすると、メールアドレス認証が完了。

ウォレットができた。

 

3. 次にしなくてはいけないのが、ウォレットのセキュリティの設定

 

左のセキュリティセンターをクリックして、レベル1から順にできる限りの

セキュリティを設定していく。

f:id:kittysalon:20170520055958p:plain

この中で難しいなと思ったのが、レベル1の真ん中の

「バックアップ・セキュリティのフレーズ」を設定すること。

バックアップ・セキュリティのフレーズは12個の英語の単語で、

忘れた時に、ウォレットを回復する時に使うもの。

 

「バックアップ・セキュリティのフレーズ」をクリックし、

f:id:kittysalon:20170520061047p:plain

次のステップを押すと、4つの英単語が表示されるので、

まずここでその4つの単語を紙にメモしていく。

注意:その英単語が何番目にでてきたかも重要になので、

例えば 1.clear  2.flower  3.star  4.jokeというように、

番号もしっかりメモすること。綴りの間違いもないように、ダブルチェック。

4つの単語をメモしたら、「Next 4 words」をクリックして次の4つの単語を出して、

それもメモ。合計12個の英単語を書き取って、「Final Step」をクリックする。

12英単語を書いた紙は、

紛失するとウォレットにアクセスできなかったり、他人に見られると仮想通貨を

盗まれたりするので、他人にみられないようにし、ずっと大切に保管すること。

安全のために、ネット上とかPC上に保管してはダメ!

 

次の画面で、4つの回復句(リカバリーフレーズ)を入れるようにと言われる。

それは 例えば 3番目の単語、11番目の単語、5番目の単語、1番目の単語

といった具合に、順不同で指示されるので、メモした12個の単語の

3番目、11番目、5番目、1番目といった具合に、指示された通りに入力。

綴りの間違いがあってもダメなので、よく確認する。

 

これ以外のセキュリティ設定も、パスワードのヒントの設定、携帯電話番号の

SMSでの認証とすすめていくこと。

 

とりあえず、まずはウォレットをつくって、セキュリティの設定までした。