お小遣いを使って仮想通貨で稼いだ記録・はじめ方(初心者向け)

FXも投資もしたことがない人間が、仮想通貨・ビットコインを買い始めた記録。最近周囲の人にもどうやってやるの?と聞かれ始めたので。

4. 取引所で購入したビットコインのウォレットへの送り方

コインチェックで購入したビットコインをウォレットに送ってみた時のこと。

今は簡単にできるけれど、始めは「ウォレットアドレスを教えてください。」

といわれても、「ウォレットアドレス」ってどれのこと?

「ウォレットID」が「ウォレットアドレス」なの? っていうところから、

わからなかった。

 

そこで、ウォレットでのビットコインの受信のしかた。

受信ができれば、送信もまあ簡単ね。

とにかく、アドレスを間違えないこと。

間違えたら、どこか他の人にいってしまう。

 

まず、最初に作った Bitcoin Wallet - Blockchain のウォレットにアクセスして、

「ウォレットのアドレス」を見つけないとならない。

一番簡単なのは、

① ウォレットを作ったときに、「私の財布へようこそ」というメールが

届いたはずなので、そのメールを開いて、

一番下の「ウォレットID」(数字とアルファベットの羅列)をクリックすると、

ブロックチェーンのサイトに飛ぶ。

 

f:id:kittysalon:20170601205953p:plain

 

② 設定したパスワードを入力して、ログイン

 

f:id:kittysalon:20170601210812p:plain

 

③ ブロックチェーンの「受信」をクリックする。

 

f:id:kittysalon:20170601213802p:plain

 

 ④ この画面で ⇓ の下に並ぶ数字とアルファベットの羅列が、

自分の「ウォレットアドレス」。

このウォレットアドレスは、第三者に教えてよいもので、

このアドレスに自分の取引所の口座から、もしくは第三者からビットコインを送ると、

この自分のウォレットに反映される。

 

右のコピーを押すと、コピーされるので簡単。

QR コードを使いたいときは、view QR codeをクリックする。

 

f:id:kittysalon:20170601214817p:plain

 

自分の「ウォレットの(受信)アドレス」がわかったら、

取引所(例えばコインチェック)の自分の口座から、ビットコインをウォレットに

送ることができる。

 

coincheck(コインチェック)の場合:

⑤ コインチェックの口座のウォレットを開き、

⑤-1 「コインを送る」をクリックする。

「ビットコインアドレスで送る」が選択されているか、確認。

⑤-2 宛先に、コピーした自分の「ウォレットの(受信)アドレス」を張り付ける。

金額欄に、自分がどの金額(ビットコインの額)を、

コインチェックのウォレットから、自分のブロックチェーンのウォレットに

移動したいのか入力。

⑤-3 アドレス、金額、手数料を再度確認して、あっていたら「送金する」を押す。

 

f:id:kittysalon:20170601220459p:plain

 

速い時には、10分~20分程度でブロックチェーンのウォレットに、移動した金額が

確認できるし、遅いときには3日かかることもあった。

 

この送金・受金の仕方がわかれば、

今回は自分のブロックチェーンのウォレットに送金したけれど、

例えば第三者の口座に送ったり、

自分の他の取引所の口座に送ったりも、同じ要領でできる。

 

最初は、こんなアルファベットや数字の並びで本当に送金ができるの?

と思って、ドキドキしたけれど、実際やってみたら簡単だった。

 

 

 

3. ビットコインの買い方 - コインチェックで円をビットコインに替えてみた

3か月前にビットコインを初めて買ってから、今はブロックチェーン業界のサミット、

NYで行われている、Consensus 2017 のライブ動画まで見ている私。

時差があって、とても眠い。

英語はわかるから一応聞いているけれども、やっぱりブロックチェーンの

テクノロジーやプロトコールだとかを説明されても、サッパリわからないわね。(笑)

ブロックチェーンがなにか、わかってないから・・・。

 

男の人はそういうとこから理解したいのかもしれないけど、

私はそこがわからなくても、ビットコインやほかの通貨も買えてるし、

まずはお金が増えていっているからいいか、って感じ。

後は、やりながら仮想(暗号)通貨について、少しずつ学んでいこうと思っている。

 

ビットコインの買い方 (コインチェック)

 

まず、いちば~ん簡単なやり方から。

1. コインチェックにログインする。

 

2. ビットコインを買うときは、下のピンクで囲んだ「ウォレット」をクリックするか、「ビットコインのマーク」を直接クリック。

 

「ウォレット」をクリック ➡ 次の3の手順へ

「ビットコインのマーク」クリック ➡ 3を飛ばして 4 の手順へ

 

f:id:kittysalon:20170523150356p:plain

 

3. ウォレットに入った画面がこちら。

 

どの仮想通貨を買うにしても、まず日本円を入金しないといけないので、

下記の「日本円/USドルを入金する」から、日本円を入金しておく。

このコインチェックのページに書いてあるやり方にそって、やるのが一番。

手数料はかかるけれど、コンビニ・クイック入金はとても速くて、

数分もたたずに反映されることが多い。

急いでなければ、普通の銀行振り込みでいいと思う。

 

日本円の入金がコインチェックの口座に反映されたら

下記のピンクで囲んだ ③「コインを買う」をクリックする。

 

f:id:kittysalon:20170523153143p:plain

 

4. コインを買う の画面がこちら。

 

今はビットコインを買いたいので、ビットコインが選択されている。(A)

他のアルトコインも、それぞれの通貨のアイコンを選択すると、その通貨が

購入できる。

☟ みたいに、日本円が入っていないと、残高足りませんと表示されます。

f:id:kittysalon:20170523160410p:plain

 

ビットコインを購入する時は、

 

A.  ビットコインが選択されているか確認。

B.  欲しい量を入力。

C.  Bを入力すると、自動的にビットコイン→日本円(BTC/JPY)への

その瞬間の為替レートと、日本円に変換した合計が反映される。

D. 金額を確認して、「購入する」をクリック。

「購入する」ボタンを押した後のキャンセルは出来ません。

 

ここで注意点:

 

1. 1ビットコインを買わなくていい。(笑)

なにを言ってるの?と思うかもしれないけれど、私は最初1ビットコインからしか

買えないといけないと思っていて、そんなお金ない・・・。

と思っていたので。 

ビットコインの場合、コインチェックでは

0.01 ビットコインから購入できる。

 

2. 為替レートは刻々と変わっていく。

為替が数分、数秒でぐーんと変わることもあるので、見ている間に

買えるコイン数が増えたり、減ったりする。

「購入する」ボタンを押した後のキャンセルは出来ないので、よく確かめてから。

 

3. 一番最初のページに表示されていたレートと実際のレートが違う・・・。

これが一番 「どうして?!?」と思う人が多いらしいのだけれど、

私も始め えええ!って思った。

FXをやった人なら当然知っていることなんだと思うけれど、

「スプレッド」といって、買う時のレートと売るときのレートの差があるものらしい。

そういえば、ユーロ・円とか海外旅行に行くときには、絶対同じにならないもんね。

と納得。

これが会社の利益なんだよね。

なので、気を付けなければいけないのは、今、安く買えるからすぐ買おうと思っても、

実際スプレッドで高くなっていることも多いので、要注意。とっても要注意。

スプレッドの率は、刻々と変わっている。

 

なので、スプレッドの差が広くないところや、購入価格が安くなる世界の取引所、

を探して、やっていくうちに、あちこちの取引所に口座を開けることになるのかも。

でもまずは、一番簡単にできるところから入った。

 

 

 

2. 仮想通貨(暗号通貨)の取引所 使いやすいコインチェック(Coincheck)に口座を作った

最初にウォレット(お財布)を作って、次は、日本円をビットコイン(BTC)

に両替ができる、仮想通貨の取引所(両替所みたいなもの)に口座を作った。

 

最初に一つの取引所に口座を作って取引を始めてから、3か月もたたないうちに、

今では海外の口座も併せて、7つぐらい口座を作ってしまった。(笑)

まあ、全部使っているわけではないけれど。

 

一番最初に口座をつくった取引所はコインチェック(Coincheck)。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

ここに書いてある「日本で一番簡単にビットコインが買えるトコロ」というのは、

いくつかの取引所を使った後の今考えると、けっこう正しいと思う。

口座の開設の仕方も簡単だし、もちろん本人確認・住所確認もしっかりあるけれど、

わかりやすく指示されていて、待ち時間もそんなにかからなかった。

 

セキュリティに関しては、どこの取引所・販売所も、

二段階認証を必ず設定しておいた方がいいと思う。

めんどくさい~と思うかもしれないけれど、お金を扱うところだから。

 

日本円を入金して、仮想通貨の売買取引をして、日本の銀行に利益を円で戻すには、

コインチェックはとても使いやすいと思う。

入金も銀行振り込み・コンビニ入金・クイック入金(ペイジー決済)とそろっていて、

コンビニ入金・クイック入金は、とても早くて、

数分で入金がコインチェックの口座に反映されることが多いのがありがたい。

あ、すぐに入金して取引したいのに、反映されない~!というもどかしさがない。

仮想通貨で取引を始めると、「あ、今買い増ししたいのに!!」という

瞬間がかなりあるから。

 

コインチェックには、ビットコインだてではなく、比較的人気がある

はじめやすいアルトコイン もいくつかそろっているので、それも嬉しい。

ビットコインの取引を始めると、きっと他のアルトコインも取引したくなるはず。

 

日本円を入金して取引がしやすい、というのは、普通そうでしょ?

と思うかもしれないけれど、海外の取引所に口座を開けると、

日本円での入金がめんどくさい、もしくはできない所も多い。

日本円からまずbitcoin(他の暗号通貨でもいいけど)を手に入れて、

それをどこか他の取引所にbitcoinで送って、そこで取引することもある。

取引所によって、扱っている仮想通貨も違えば、その取引価格も、手数料も違うので、

最初はコインチェックで初めて、そのあと少しずつ他の仮想通貨や、

取引所もトライしたくなって、他の取引所も口座開設すると思う。

だって、本当に、驚くほど稼げるから。

 

FXもしたことなく、仮想通貨の存在を知らなかった自分が

いきなりFXを飛び越して、仮想通貨の「取引」なんてするとは思わなかったし、

できるとも思わなかったけれど、最初のビットコインを買って3か月。

本当に良かったと思う。

10,000円が数日で20.000円になったりする世界。

夢がありすぎ~!

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

1. 仮想通貨ービットコインを入れるお財布(ウォレット)をつくった。

正直いまだに、ブロックチェーンとはなにか・・・とか、

ビットコインをはじめ、数多くある仮想通貨が、

それぞれどのように違う特徴があるのか、とか、わかったとは言えない。

わかったのは、思っていたよりも簡単で、そしてあっという間に持っている

仮想通貨の価値が上がっていく勢いを持っている世界だということ。

 

ビットコインはよく「大御所」とチャットで呼ばれ(笑)、

それ以外の仮想通貨はアルトコインといわれることが、わかった。

とかいう、そんな投資には関係ない知識(?)も楽しみながら増やしている。

 

そんな調子でも、少しずつ覚えながらやっていこうと思ってはじめて、3か月。

まず始めてよかった。仮想通貨元年といわれる今年に取り組みはじめて

本当によかったと思う。

最近、家族とか親しい友人に「どうやったの」と聞かれるので、記録しようと。

 

 私は投資と言えるほど、大きい金額を動かせないので、ほんとうにお小遣いで

できる範囲で始めたけれど、それでもちゃんと少しずつ増えていっている。

家の家計を預かる主婦だと、主婦じゃなくても使えるお金に余裕がないと、

「稼ぐ」とか「増やす」とかっていう頭より、

「貯蓄する」とか「節約する」っていう思考回路になることが多いけれど、

使ってしまわないで、お金を仮想通貨に替えて、増やそうという意識を持てたこと。

これが、仮想通貨の取引をはじめて、一番自分の中の大きい変化。

 

投資って、大きいお金がないとダメなんでしょ?と思っていたし、

FXもしたことないし、知識すらないし、ギャンブルじゃないの?、とか

ビットコインの価格を見て、こんなの手がでない!思っていたけど、

そんなことなかった。

小さい元手なら、小さいなりだけれど、それでも確実に増えていっている。

それもほとんど「持っているだけ」で!

そりゃあ、いつも結果をみて大きい資金が欲しいと思っているけど。(笑)

 

まず最初に、仮想通貨を入れる「ウォレット」=お財布を作った。

安全に、盗まれない、お金の保管場所としてお財布大事。

まず、仮想通貨の大御所さま「ビットコイン」を入れられるウォレットをつくった。

3か月で他の通貨を保有して、他のウォレットも持つようになったけれど、

まずはやっぱりビットコインからだった。

 

最初に作ったウォレットは、インターネット上で仮想通貨を管理する、

BLOCKCHAIN info のウォレット作成:Bitcoin Wallet - Blockchain

 

 1. ウォレットを作成 という水色のボタンをクリックし、下の画面に入る。

f:id:kittysalon:20170520052904p:plain

 

上から順にメールアドレスとパスワードを決めて入れ、利用規約に同意して、

続行を押すと、ウォレットがつくられる。

メールアドレスは、Gmailなどで、PCとスマホで両方見れるようなアドレスが

使い勝手がいいと思う。

また、パスワードは他で使ったパスワードは使わず、忘れないようにする。

 

2. 登録したメールアドレスに「私の財布へようこそ」というタイトルの、

下記のような メールアドレス認証メールが届いた。

 

f:id:kittysalon:20170520055138p:plain

このメールの Verify Email をクリックすると、メールアドレス認証が完了。

ウォレットができた。

 

3. 次にしなくてはいけないのが、ウォレットのセキュリティの設定

 

左のセキュリティセンターをクリックして、レベル1から順にできる限りの

セキュリティを設定していく。

f:id:kittysalon:20170520055958p:plain

この中で難しいなと思ったのが、レベル1の真ん中の

「バックアップ・セキュリティのフレーズ」を設定すること。

バックアップ・セキュリティのフレーズは12個の英語の単語で、

忘れた時に、ウォレットを回復する時に使うもの。

 

「バックアップ・セキュリティのフレーズ」をクリックし、

f:id:kittysalon:20170520061047p:plain

次のステップを押すと、4つの英単語が表示されるので、

まずここでその4つの単語を紙にメモしていく。

注意:その英単語が何番目にでてきたかも重要になので、

例えば 1.clear  2.flower  3.star  4.jokeというように、

番号もしっかりメモすること。綴りの間違いもないように、ダブルチェック。

4つの単語をメモしたら、「Next 4 words」をクリックして次の4つの単語を出して、

それもメモ。合計12個の英単語を書き取って、「Final Step」をクリックする。

12英単語を書いた紙は、

紛失するとウォレットにアクセスできなかったり、他人に見られると仮想通貨を

盗まれたりするので、他人にみられないようにし、ずっと大切に保管すること。

安全のために、ネット上とかPC上に保管してはダメ!

 

次の画面で、4つの回復句(リカバリーフレーズ)を入れるようにと言われる。

それは 例えば 3番目の単語、11番目の単語、5番目の単語、1番目の単語

といった具合に、順不同で指示されるので、メモした12個の単語の

3番目、11番目、5番目、1番目といった具合に、指示された通りに入力。

綴りの間違いがあってもダメなので、よく確認する。

 

これ以外のセキュリティ設定も、パスワードのヒントの設定、携帯電話番号の

SMSでの認証とすすめていくこと。

 

とりあえず、まずはウォレットをつくって、セキュリティの設定までした。